ホワイト.png

M-510 , M-514

HPLCオートサンプルインジェクター

オートサンプリングインジェクターM-510は、サンプルを自動でHPLC-ECDに

打ち込む装置です。マイクロダイアリシスサンプルの分析のように限られた

サンプル量のでも高い性能を発揮します。

・低デッドボリューム、必要サンプル量は、注入量 + 5 µL

・低バルブショック

・優れた再現性、5 µL以上でCV値0.5%未満

・液・空気混合サンプリングニードル洗浄により、低キャリーオーバ

バイアルからサンプルの吸い込み>バルブにサンプルをロード>バルブの切り

替え>シリンジニードルとインジェクションポートを洗浄

これらをオートサンプラはスケジュールどおり自動で行います。

HPLCへのサンプル注入をオートサンプラが代わりに行い、実験の効率化を

促します。M-510は、このほか、プレカラム誘導体化、およびグルタミン酸

酵素カラム分析の2回インジェクションに対応します。この拡張機能を省いた

モデル、M-514もございます。

​ダウンロード