ホワイト.png

Online

・検出器と動物が1対1

・サンプルを空気に触れさせることなく(新鮮なまま)直接検出器へ

 打ち込むことができる

・得られたサンプルを直接測定するため、ほぼリアルタイムに挙動

 が確認できる

・サンプルの回収から測定までのシステムとしてOfflineシステムと

 比較して導入コストが安い

Offline

・複数匹のサンプルを同時にためることが可能

 

・得られたサンプルは1ラック(96穴)内から1本ずつ順番に自動で

 打ち込める

・同時に4匹分のサンプルを最大24本ずつ96穴内にためることが可

 能なため、実験でn数が必要な場合に有効

・OPA誘導体化試薬を用いたアミノ酸分析が可能(M-510はミキシン

 グ機能を搭載)

・サンプルを回収する部屋とは別の部屋でサンプルの測定が可能