エイコム新聞vol.13のお知らせ

2022年6月27日

今回ご紹介させて頂く論文では、マウス腹側海馬における細胞外

グルタミン酸濃度の変化を調べています。

オピオイドδ受容体(DOP)作動薬には、痙攣誘発作用のある

化合物(SNC80 タイプ)とない化合物(KNT-127 タイプ)が

ありますが、これまでDOP 作動薬の痙攣誘発作用機序は十分に

明らかにされていませんでした。

本論文では、SNC80 が腹側海馬のグルタミン酸濃度を上昇させる

ことで、マウスに痙攣様の異常行動が誘発されることを、一方で、

KNT-127 の細胞外グルタミン酸濃度上昇はSNC80 と比べて弱い

ことを明らかにしました。この結果はKNT-127 の痙攣作用に

対する安全性が高いことを示唆しています。

海馬グルタミン酸神経伝達系に影響を及ぼさないDOP 作動薬は、

安全な向精神薬となることが期待されます。


エイコム新聞13_compressed
.pdf
Download PDF • 261KB