ホワイト.png

EPC-500

​クロマトグラフ用データ処理装置

エイコムデータプロセッサEPC-500型はクロマトグラフィ専用のソフトウェアを

含むコンピュータデータ処理システムです。
マニュアルでのクロマトグラムデータ解析から複雑な多数試料の自動解析を

コンピュータにより簡単な操作で実行します。

          1chシステム            2chシステム

入力チャンネル数  1 ch               2 ch

サンプルレート   12/分 ~ 100/秒           12/分 ~ 100/秒

分解能       24ビット             24ビット

入力レンジ     ±10 V - ±10 mV          ±10 V - ±10 mV

トリガー入力    TTL, 接点リレー          TTL, 接点リレー

デジタル入力    無し               4 x 接点リレー

データ通信     USB2.0または1.1          USB2.0または1.1

サイズ       W130 x D170 x H35 mm, 0.5 kg     W130 x D170 x H35 mm, 0.5 kg

​特徴

簡単な操作で精度の高い解析ができます。

■オートサンプラやオートインジェクタでの多数試料の解析、印刷が自動化でき、データを保存します。

■クロマトグラフデータはいつでも取り出せ、新しいキャリブレーションファイルで再計算することもできます。

■クロマトグラムの重ね合わせができデータの比較が一覧できます。

■ピークツールを使ってピークエリアの調整、ベースラインの修正ができます。

ドキュメントファイル

EPC-500型には、4つのドキュメントファイルがあり、各ファイルをセーブしておき、必要に応じて呼び出して

使用します。一度したセッティングは、何度でも修正ができ、操作が驚くほど簡単になります。

■データファイル1つのデータファイルには最大999クロマト・ランデータを収録できます。

 メイン画面にクロマトグラフ表示し、ピークの修正、編集が画面上で行なえます。

■キャリブレーションファイル定量計算のためのキャリブレーションを行ないます。

 キャリブレーションファイル数には制限がありません。

■メソードファイルサンプリング中のハードウェアの設定およびディテクタを選定します。

■シークエンスファイルキャリブレーション、メソード、プリントを管理して多数試料の自動化処理用のプロ

 グラミングをします。

​ダウンロード

動画 解説