ホワイト.png

会 社 概 要

本 社

〒612-8497 京都市伏見区下鳥羽北円面田町113番地
電話(075)622-2112(代) FAX (075)622-2114

東京営業所

〒113-0033 東京都文京区本郷1丁目12-7 甲田ビル3F
電話(03)3818-5223(代) FAX (03)3818-4540


法人設立 

昭和61年5月1日

 

代表取締役 大窪 茂

資本金45,000,000円

 

取引銀行

京都信用金庫 伏見支店   南都銀行 京都南支店

滋賀銀行 京都南支店    京都中央信用金庫 下鳥羽支店

​京都銀行 下鳥羽支店

沿 革

昭和61年5月   京都市において株式会社 エイコム設立
           資本金2500万円

昭和61年10月        生体内神経伝達物質測定のための最重要ユニット電気化学検出器ECD-100を開発

昭和62年10月        営業拡大にともない東京営業所開設

昭和63年6月            資本金2800万円に増資

平成元年7月                資本金3600万円に増資

平成2年1月                 脳を初めとする組織や臓器から神経伝達物質及びその代謝物、薬物等をサンプリングし

                                       測定するマイクロダイアリシス(微小透析法)分析システムを開発

 

平成5年9月                 マイクロダイアリシスの開発により、生体内神経科学的研究が飛躍的に伸びる

                                       神経伝達物質であるモノアミンで0.1ピコグラム以下で定量できる感度と安定性に他に類を

                                       みない電気化学検出器ECD-300シリーズ開発

平成8年9月                  通産省の外郭団体である財団法人ベンチャーエンタープライズセンターの債務保証により

                                        3500万円を調達し、簡易かつ高精度の生体内NO分析システムの開発を推進

平成9年5月                  生体中ニトロソチオール化合物測定装置の開発により中小企業創造活動促進法の認定企業となる

平成9年10月               5000万円のワラント債発行、大和銀行系のベンチャーキャピタル大和銀企業投資が全額引き受

                                         け、京都府の外郭団体である京都産業技術振興財団が「京都ベンチャー創出支援事業」の一環として

                                         債務保証、生体内NO分析システムを実用化

平成10年2月             (社)関西ニュービジネス協議会よりNBK大賞ヒューマン商品開発部門賞をうける

平成10年7月               平成10年度京都府中小企業技術改善補助金をうける

                                      『生体中ニトロソチォール化合物測定装置の開発』

平成11年9月               資本金4500万に増資

平成11年10月            京都府中小企業技術大賞を受賞
                                       『マイクロダイアリシス分析システム』

平成13年7月               平成13年度京都府創造技術開発費補助金をうける
                                       『多チャンネル小型血液サンプリング装置の開発』

平成13年11月            社団法人日本分析化学学会よりフローインジェクション分析論文賞を受賞
                                        『Micro-flow In Vivo Analysis of L-Glutamate with an On-Line Enzyme Amplifier Based on Substrate

                                           Recycling』

平成16年2月                 平成15年度京都中小企業優秀技術賞を受賞 『自動連続血液サンプリング装置DR-Ⅱ』

平成19年11月              社団法人日本分析化学学会 フローインジェクション分析研究懇談会よりフローインジェクション分析

                                           技術開発賞を受賞『フローインジェクション分析を支える電気化学技術の開発』

平成20年4月                  第52回京都府発明等功労者表彰において優秀賞を受賞 『生体液の自動サンプリング装置』

 

 

平成22年10月               平成22年度グローバル産業公研究開発成果展開事業補助金をうける

                                          『新型ペプチドサンプリングシステム』

 

平成24年11月               代表 大窪茂が平成24年度京都府産業功労者として表彰される

平成25年8月                    酸化窒素分析システム「ENO-30」を開発、販売開始

平成28年5月                    創業30周年を迎える

 

平成29年10月                 過酸化水素や食品・飲料水の微量ヨウ素の測定アプリケーション開発

平成30年6月                     中国(深セン)RWD Life Science Co.,Ltdと契約し、本格的に中国にて販売スタート

​平成30年12月                 マイクロダイアリシス研究会を京都にて開催

令和2年3月                         新型プローブ「FX-I-X-Y」を販売開始